月別アーカイブ: 2012年9月

基準地価<2012年>

国土交通省から基準地価の発表があった。2012年7月1日時点での
全国の22,264地点で、不動産鑑定士の鑑定評価を求め、これに基づいて
都道府県知事が正常価格の判定を行ったものです。
主要なエリアの基準地価は下記の通り。

1)首都圏の基準地価
2)関西圏の基準地価
3)名古屋圏の基準地価

出典::国土交通省のページ
http://tochi.mlit.go.jp/chika/chousa/2012/gaiyou_1.html

● 基準地価の変動率とその考察(不動産価格.net事務局)

全般的に下落傾向。

昨年の基準地価との比較では、各エリアで下落率は縮小しているが
前年は東日本大震災直の直後で地価は底の状態。

その状態(底打ち)からは脱していない。

マスメディアの大半は今回の国土交通省の基準地価の発表を受けて、
震災後の昨年より回復傾向と報道しているが。
データをみるかぎり、ほぼ横ばいではあるが下落傾向継続中です。

今後も長期化するデフレから脱却出来ず、国内経済低迷が継続する中で
消費税増税等で、一般生活者の住宅地購入意欲が減退した場合に、
さらなる下落の可能性は充分あることにを想定しておくことも必要かと
思います。

今後の国内経済、不動産流通の活性化にむけての積極的な政策の
実行力に期待したいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
都道府県  前年比(2011)   前年比(2012)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京都    ▲1.3     ▲0.4
千葉県    ▲2.9     ▲1.2
埼玉県    ▲2.4     ▲1.2
神奈川県   ▲1.3     ▲0.3

大阪府    ▲2.0     ▲1.1
京都府    ▲1.6     ▲0.6
兵庫県    ▲1.1     ▲0.5

名古屋    ▲0.5     ▲0.1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不動産価格.net がまとめた不動産売却価格の動向は下記をご参照下さい。

1.中古マンションの売却価格の動向

<首都圏>

<関西圏>

2.土地の売却価格の動向

<首都圏>

 <関西圏>