「不動産売却」カテゴリーアーカイブ

東京都の土地売却価格の動向 2105

過去5年間(2010年1月〜2015年3月)の東京都の土地の売却価格(実際に成約に至った物件を対象とした平米単価)および件数の推移をまとめてみました。

東京の土地売却と土地価格

土地の売却価格(成約した物件の平米単価)

東京都の土地の売却の成約価格はこの5年間でほぼ横ばい。平均の制約価格は31.66万円(平米あたり)。上下動を繰り返しています。東京オリンピック招致決定後、マスコミ等では地価の上昇している等の報道もありましたが、競技場予定地周辺(湾岸エリアなど)や商業施設の需要がある一等地での上昇が少しあった程度で都内全般で見ると大きな上昇とはなっておりません。

成約件数の推移

土地の売却は、制約価格的には、マンションや戸建てのように移動のシーズンが契約成立のピークになりとなるような季節性ありません。但し、1月は例年、成約件数は少なくなるという傾向はあります。

東京都の市場動向の予想

東京都の土地の売却価格は、今後、景気回復が長期的に安定していかない限り、これまでのように上下動を繰り返す展開が続くと思われます。基本的には地方から東京への人口流入(人口増加)は続いていますが、都内23区に集中しています。その分、マンション等の需要は増加していますが、土地の価格上昇には直接的な影響は出ていないと思います。
アベノミクスで株価等金融面では経済回復したように見えていますが、物価や個人所得では伸びておらず、そういう意味でもすぐに上昇基調になるとは考えづらいところですね。

土地売却の基本シナリオ

長期的には少子高齢化により人口や世帯数の増加は期待できない、物価や消費者の所得が長期的に上昇傾向に入らない限り、待っていても短期的には土地の価格が上昇していくことは期待できない。そういう意味では土地単独(更地)での売却は容易ではないのが現状であり、古い家付きとなるとその解体費用などもマイナス要因となります。 そういう意味では、いかにその「土地」が欲しいと強く思う買主に出会うかということが少しでも高く売却する基本戦略となると思います。経済的に余裕があれば、早めに市場に売りに出しておくことが大切ですね。そういう意味では、スピード重視で短期的に結果を出したがる不動産会社よりも、長期的な取り組みを得意とする頼りになる不動産会社に委託することが望ましいような気がします。

不動産の売却の検討していてまず概算の売却価格を知りたい場合、当サイトより国内大手不動産会社から最大6社選んで不動産査定を(完全無料で)まとめて依頼できます。比較してもっとも自分にあったご売却プランをご検討いただければと思います。

HOME >サイトに戻る