土地の売却価格の最新動向 東京都

調査/執筆: 不動産価格.net事務局

早いもので今年もあと2ヶ月ばかりとなりました。直近3ヶ月のデータを追加し、過去5年間の東京都の土地売却価格(成約物件を対象とした平米単価)の推移を更新しました。 あわせて、2016年以降の価格動向と土地売却のシナリオもまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

土地売却

データ出典:東日本不動産流通機構 月例マーケットウォッチ

成約単価と成約件数の年間平均の推移

東京都の土地の売却価格の推移は、上下動を繰り返しながら横ばい。東日本大震災ショックの落ち込みから回復したものの、消費税増税後、弱含みであった成約価格が、今年に入り、回復し下落前の状況に回復してきた形ですが、成約件数は増加しておらず今後の動向に注意が必要ですね。

今後の売却価格の動向と売却のシナリオ

今年に入り、アベノミクスも風前の灯火のような感じで、物価2%上昇の達成時期も政府のトーンは「さらに後ずれ」となってきておりこの先、消費税10%への増税もあり、首都圏の人気エリアを除いて、来年度以降は少し厳しい状況となっていくことが予想されます。

土地の売却はマンションなどに比べて売却に時間がかかります。土地には税金がかならないから増税の影響はないかというと、そうではなく、購入者はその上に建物を想定しているのでその工事費などは税金対象となり、増税前の半年くらい前までには土地を確保する必要があります。そう考えると、遅くとも来年の9月くらいまでには売却して引き渡すように計画したいものです。 ここ2、3年のうちに土地を売却したいと考えているなら、それも少しでも高くと考えているのであれば、少し余裕を持って、そろそろ動き始めることをお勧めします。年内に何社かの不動産会社に不動産査定や売却プランなどをもらい比較し、頼れる不動産会社をじっくり見定める戦略が最善策じゃないかと思います。

当サイトの無料一括査定サービスを利用して、まず現在の概算価格を直近の事例データをもとに不動産会社に簡易査定してもらい、不動産売却のご判断やご計画のご参考にしてもらえればと思います。 売却や査定の詳細は本サイトでご確認下さい。

不動産の売却の検討していてまず概算の売却価格を知りたい場合、当サイトより国内大手不動産会社から最大6社選んで不動産査定を(完全無料で)まとめて依頼できます。比較してもっとも自分にあったご売却プランをご検討いただければと思います。

HOME >サイトに戻る