頼りになる不動産会社の選び方

企画:ゲイトグループ株式会社
編集:不動産価格.net事務局

頼りになる不動産業者とは?


初めて不動産を売却する方にとって、不動産会社は近くて遠い存在。 気軽に相談していいのか?ためらってしまうのが一般的です。
「無料だからと言って気軽に査定してもらっていいのだろうか?」
「思ったより安い査定額で売却断念した後、しつこく営業されない?」
「近所や家族に知られずに売却したいが、突然、自宅に現れないだろうか?」
「不動産の知識も全くないので、何もわからないまま売却できるのだろうか?」
様々な不安や迷いもあると思います。当サイトの事務局にも同様のお問合せをよく頂きます。 査定から売却までの短い時間の中で、頼りになってくれる不動産会社(営業マン)の選び方のポイントや注意点をご紹介していきます。


無料査定だからと言って、気軽に査定依頼して大丈夫?


査定が欲しい動機や理由が明確なら問題ありません。住み替えや資産整理するかどうか、できるかどうかを判断する材料が欲しいというのも査定を依頼する十分な理由だと思います。売却する場合のご希望条件やスケジュールが整理できていれば更に理想的ですね。 ただ、無料だからといって、全く売却する意志もなく自分の興味本位だけなら査定はお控え下さい。


査定の内容次第で売却依頼は断っても大丈夫


査定書を見て理想と現実は違ったと判断し、売却を取りやめた場合、他社の査定に決めた場合、不動産査定を頂いた不動産会社にきちんと状況や判断を伝えれば全く問題ありません。
一口に不動産売却と言っても、その立地条件や物件の状態、そして売却引き渡しのスケジュールによって、その評価額は異なってきます。 実際に査定を依頼してみないとわからないということは不動産会社は百も承知ですから、気軽に査定依頼して相談してみましょう。ケースによって、プロフェッショナルな不動産会社が想像してなかった解決策をアドバイスしてくれる可能性もあるので、勇気を出して査定を依頼してみると良いと思います。


査定書を受け取ったら、納得するまで質問しよう


頼れる不動産会社かどうかの判断は、査定額の根拠がしっかりと説明できているかどうかが重要です。そもそも査定書には専門用語も沢山あり、一般個人にとっては理解不明なものが沢山あります。疑問に感じた事は質問し、納得のできる説明をお願いして下さい。「これは業界の常識ですから」とか「この細目は知らなくても大丈夫です」とか「これくらいで売れれば御の字じゃないですか?」とか言ってごまかすようなら、頼りになりません。 そういう意味でも複数の不動産会社に同時に同条件で不動産査定を依頼していると、他社に同様の質問をすれば、ごまかしもすぐにばれてしまいます。 簡易査定では概算価格になりその根拠もおおまかになります。詳細な根拠となると実際に物件の状況や詳細な売却したいスケジュールを元に「訪問査定」を依頼するのが望ましいですね。 勿論、訪問査定も無料ですし、売却仲介の依頼を約束する義務もありません。


専任媒介(1社限定)か一般媒介(複数社)か?


簡易査定である程度納得できたら、是非、訪問査定を依頼し詳細な査定書をもらいましょう。 不動産会社によっては「媒介の契約を前提に訪問査定をしましょう!」と持ちかけてくるケースもありますが、この段階でも複数社に依頼しておくことが賢明だと思います。

なぜなら、簡易査定で高めに査定書で惹き寄せて、訪問査定後に適正価格(低めの評価額)を提示し、現実を見せながら契約を急ぐ不動産会社も多く見かけます。訪問査定後が、売主が最も厳しく、冷静に判断を下さなければならないタイミングです。納得出来るまで説明を聞いてください。売却という重大事を託す相手ですから遠慮は全く不要ですし、ネガティブなことやリスクと感じる事を全てぶつけてください。会社の都合や立場を守るような発言をする営業マンは頼りになりません。 また、一般媒介になりそうだな?と判断した途端に対応がトーンダウンする営業マンも少なくありません。 そのような態度が見え隠れする不動産会社は頼りになるとは言えません。

訪問査定の段階で、売主様が納得出来てない状況、理解出来てない状況、不安や迷いがある状況を解消できない不動産会社では売却は難航することが予想されます。複数の会社の営業マンをマネージできる自信とパワーと時間があれば一般媒介で問題ないです。一般的には専任媒介依頼する方が、8割以上です。専任契約するということは不動産会社を信頼するということなのですから売主様の「自分が選んだ責任」も肝に銘じておいていてください。 万が一、専任契約をしても販売活動が芳しくなければ、3ヶ月の自動更新をしないという手段もありますので冷静さは維持しながら、信頼を託し不動産会社を励ましてください。


見落としがちですが、買主を選ぶ能力も大切


不動産売却する相手(買主)の質も大切なポイントだと思います。 大切な不動産の売却だからこそ、売却価格面でも、取引契約の進め方でも、取引完了後でもトラブルにならない相手(買主)と出会いたいものです。 できれば大切な不動産を買って頂けたという感謝の気持ちになれる相手を不動産会社には見つけて来て欲しいものです。 そういう意味でも、買主の事前の調査や審査など実務能力がしっかりしている不動産会社はとても頼りになります。 契約直前に買主の資金調達のトラブルで売買機会を逃したり、買主との間で感情的なしこりの残る取引は避けたいものです。

このような視点を持ちながら、頼りになる不動産会社を見極めて行くことが「売主責任」です。初期の段階から、客観的にも根拠のしっかりした査定を丁寧に理解出来る様説明してくれて、最終的には(売主である貴方が)買主の立場も理解しながら売却取引を成立させるようにアドバイスしてくれる不動産会社営業マンに出会えたらその不動産売却は円滑に進むと思います。