土地、マンション、住宅など不動産の売却相場価格の査定情報
失敗しない不動産売却

不動産売却の基礎知識

不動産会社を選ぶ


少しでも高く売りたいという気持ちは売主はだれでも同じですよね。逆に考えると、少しでも安く買いたいという買主の気持ちも皆同じです。
でも、実際、安い高いというは結果に対する相対的な印象というか、かなり主観的なものが多いですね。

不動産価格netを運営していると個人のお客様からのお問合せで、『リフォームしてから売ったほうが高く売れるの?』とか、『半年先に大規模修繕があるのですが、急いで売らないで、大規模修繕後に売ったほうが高く売れますか?』『土地で現在は古家付なのですが、更地にしてから売却したほうが高く売れますか?』などさまざまな「高く売りたい」相談が寄せられます。

不動産の売却で基本姿勢は、どの不動産も「世界に2つと同じものはないもの」ということを理解した上で、物件の条件や状態を客観的に査定してもらい、合理的な売出価格を決めることに尽きると思います。 高いか安いかは、買った値段と売った時の値段との格差、近隣の類似物件の売出価格との格差などで第一印象が決まり、つぎに、時間(タイミング)と売るための精神的労力によるところが大きいと思います。

不動産を売る人がいて、買う人がいる。 これを結びつけるのが不動産仲介会社です。
不動産が適切な価格で確実に売れ、納得できる結果となるかどうかも不動産仲介の会社によるところが大きいですね。

不動産価格netでは、大手不動産会社およびその地域・沿線に強みのある不動産会社を中心に査定を依頼しております。 ただ、最終的な選択基準は、その不動産各社の実際に担当する営業マンの能力と質と相性に尽きると思います。 でも、それを見極めるのは簡単なことではないですし、人間的な相性も少なからずあるので惑わされるわけですよね。

そういう意味でも、僕は不動産価格netというサイトを運営していて、もっとも責任を感じ、重視していることは「不動産の売主さんが納得のいく不動産会社に出会えたかどうか」です。

不動産価格netでは、信頼と実績の高い会社様を中心に査定依頼していきたいと思っています。 ご利用の一般個人の皆さんの不動産会社に関するご意見や実際に売却した際の感想もどんどん聞いて査定頂く不動産会社を選んでいきたいと思っています。 

現時点で不動産価格netは、傾向的に、大手が中心となっていますが、もっともっと地域・沿線に精通した、お客様視点で行動頂ける不動産会社様にもどんどん参加してもらう予定で展開しています。

是非、皆さんのご意見もメールとか送っていただければと思います。

宜しくお願いします。


ページ先頭へ