土地、マンション、住宅など不動産の売却相場価格の査定情報
失敗しない不動産売却

不動産売却の基礎知識

土地の価格を決める


土地価格と言っても色々なものがあります。売買取引価格、公示地価路線価、固定資産評価額などがあります。 実際の売却時には、公表の数値を参考に売却したい時期やエリアの実勢状況を加味して、売出価格を決めていきます。

最近はインターネットが浸透しているので、ご近所の類似物件から実勢価格も想像もつきます。それゆえに、売る側からすれば、ご近所で売れた価格より安いというのは、やはり面白くないです。

しかし、実際の不動産取引は、それぞれの取引個別に売る側、買う側の条件、タイミング、事情などが複雑に絡んできます。それだけに、高く売れた、安く売るしかなかった。。などとどうしても一喜一憂しがちですが、基準となる数字をベースに「適正価格」というものしっかり把握して客観的に売却取引するという姿勢は大切だと思います。

指標となる価格の説明を記しておきますのでご参考にしてください。

公示価格とは

土地の価格は取引する人によって様々な事情や動機が反映されます。そのため、土地の取引を売主、買主にとってもフェアな指標として参考にする数字です。公示価格は、土地本来の価値を示すことを目的として、国土交通省の土地鑑定委員会が、全国の都市計画区域内に標準地を設定し、毎年1月1日を基準日として3月下旬に公表する価格で更地としての評価をしたものです。

公示価格はこちらで検索することができます。>>クリック


路線価とは

国税局長が決定した道路に面した1平方メートル当たりの土地の単価です。不動産の相続する場合や贈与する場合などの税額を計算するための基準となっています。路線価は、国税庁が毎年8月に、同年1月1日時点の価格を公表しています。

路線価はこちらで検索できます>>クリック

◆固定資産評価額

「固定資産評価基準」に基づいて市町村が決定します。都市計画税、不動産取得税、登録免許税、相続税の計算の基準にもなります。評価額は、土地については公示価格の70%、建物については建築費の50~70%ぐらいです。

★★★ 作成: 土地の売却、一括査定の不動産価格net


ページ先頭へ