土地、マンション、住宅など不動産の売却相場価格の査定情報
失敗しない不動産売却

不動産売却の基礎知識

首都圏のマンション流通価格



企画:ゲイトグループ株式会社
編集:不動産価格.net事務局


首都圏で不動産のご売却を考えていらっしゃる方は必見の情報です。

下記のグラフは、首都圏、1都3県における中古マンションの取引価格推移です。

マンション流通価格

(財)日本総合研究所 (政府系シンクタンク)が毎月リリースしているもので、1995年平均値を100として、マンション売却時の流通価格の指標となっています。

バブル崩壊後、2003年まで下がり続け、2004年頃から2008年にかけて ミニバブルぽく、回復し、サブプライム、リーマンショックの影響で少し下げ、 この1年でかなり回復してきています。 今月(2010年11月度)のデータで91.7ですが、この10年間で最高に近い流通価格となっています。

まさに失われた10年間を象徴するような推移になっていますね。

実際の物件によって、その品質や条件によって価格は様々かと思いますが、 リーマンショック後、不動産市場の落ち込みが激しかっただけに買い控えていた方も値ごろ感、住宅支援施策(税制面も含めて)もあり、マンションの売却には好機と考えていいかもしれませんね。

不動産売却をご検討中の方は、このタイミングで、複数の不動産会社に査定を頼んでみて、各社の査定表(提案)をよく比較検討した上で売却依頼してみるといいですね。 
当社が運営している不動産価格.netを使って査定を依頼していただくと、国内トップランクの不動産会社25社からご希望の不動産会社に直接、一括で不動産査定がご依頼できます。 当サイトのご利用、どの不動産会社の査定も完全無料です。 不動産価格.netは加盟25社と直接契約をしており、システム的にも直結で、ご依頼は直接各社にリアルタイムで届きますので、秘密保持面、サポート面でも万全です。 ご不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。 

不動産売却査定はこちら  >>

■ご質問、お問合せはこちら


ページ先頭へ