土地、マンション、住宅など不動産の売却相場価格の査定情報
失敗しない不動産売却

不動産売却の基礎知識

成約件数は増えたが暗雲漂ったまま



企画:ゲイトグループ株式会社
編集:不動産価格.net事務局


2011年も残すところあと2ヶ月。依然、国内経済のデフレ進行は継続しており、それに加えて欧州危機による円高にも抜本的な解決策が見いだせておらず、景気は下向き傾向のままで、このまま不動産流通市場の低迷は年を越しそうです。
当コラムでも、前々回のコラム「売主には厳しい2011年末」で予測した通りの展開となってきています。
以下に2011年10月度の東日本、西日本の不動産取引動向を整理しておきます。

■最新の不動産市場動向

2011年10月11日に東日本不動産流通機構および近畿圏不動産流通機構より発表された不動産動向データをで検証してみると下記の通りとなります。

首都圏
物 件 種 別 平米単価(前年比) 平米単価(前月比) 成約件数(前年比)
マンション -2.8% +0.2% +4.9%
中古戸建て -0.2% +0.3% +6.1%
土地 +4.7% +7.6% +3.9%
◆ データ出典元:東日本不動産流通機構 2011年10月度 月例マーケットウオッチ

近畿
物 件 種 別 平米単価(前年比) 平米単価(前月比) 成約件数(前年比)
マンション -0.4% +1.8% +5.6%
中古戸建て -2.6% -0.5% +6.8%
土地 -7.9% +4.9% -13.9%
◆ データ出典元:近畿圏不動産流通機構  Real Time Eyes 10月号


■不動産の売却価格は横ばいから若干の下落傾向へ

10月度の市場動向に少し変化が見られます。成約件数は前年同月比で増加しており市場は動きはじめたのですが、売却時の平米単価は前年同月比で下落傾向。不動産の価格は、今年一年、横ばいを続けており、今後の上昇期待が持てないという売主判断が増えて来ているように見受けられます。前年同月比で若干下回っているが、前月比で若干プラスになったところで年末を控えて売却決断という感じでしょうか。



pr011.jpg  ご所有の物件の現在の市場価格に関する不動産査定不動産売却のご相談は不動産価格net経由で、お気軽に最寄の不動産会社にご依頼頂けます。複数の査定価格、売却戦略などの提案内容を比較検討してみてください

その他、不動産査定を出す前にご不安なことや、ご不明な点がございましたら、 お気軽に不動産価格net事務局までお問合せください。
 こちらをクリック>>

ページ先頭へ