土地、マンション、住宅など不動産の売却相場価格の査定情報
失敗しない不動産売却

不動産売却の基礎知識

首都圏の直近3年間の土地価格




首都圏の住宅用土地の直近3年間の成約時の売却価格ならびに新規登録時(売出時)の価格推移について、東日本不動産流通機構(レインズ)が公表した不動産取引データをもとに集計し、グラフ化したものを下記に示します。


東京都の土地の売却価格は緩やかな回復 詳細はこちら>>

東京都の土地価格は、ここ3年間、上下動を繰り替えながら横ばいでしたが、政権交代以降、緩やかな回復基調となっています。

東京都の土地価格


神奈川県の土地の売却価格は荒い動き   詳細はこちら>>

神奈川県の土地価格は、政権交代までは、上下動を繰り替えながら下降傾向でしたが、政権交代以降、かなり価格は荒い動きとなっておりますが、ほんの僅かながら上向きつつある段階ですね。

神奈川県の土地価格


埼玉県の土地の売却価格は横ばい状態  詳細はこちら>>

埼玉県の土地価格は、ここ3年間、上下動を繰り替えながら横ばい。政権交代以降も変わらず。様子見の状況です。 

埼玉県の土地価格


千葉県の土地の売却価格は不安定    詳細はこちら>>

千葉県の土地価格は、東日本大震災以降、激しく上下動を繰り返しています。ここ3年間の成約価格の平均値が新規登録価格(売出価格)の平均値より高くなるという逆転現象が発生しています。 売出価格が、弱気で少し悲観的すぎるのかも知れません。

千葉県の土地価格


<今後の価格動向と土地の売却について>

東京都、神奈川県の土地価格は、年末にかけて若干の上昇は期待出来るかもしれません。 消費税増税が最終決定され、可処分所得の増加が伴わない場合は、回復基調が一変する可能性があることは想定しておくべきだと思います。 土地の売却をお考え中の方は、早めに動き始めるのが賢明だと思います。


ご所有の物件の簡易査定をご依頼されて、現状の概算で売れそうな価格や市場の動きを把握し、また、不動産の売却に関してご相談してみてはいかがでしょうか? 査定額や条件などがあわなければ売却見送りというご判断となる場合もあるかと思います。査定を出したから必ず売却しないといけないという義務はありません。完全無料ですのでご安心してご利用下さい。

わざわざ不動産会社に出向く必要もございません。ご自宅から、実績と信用の高い大手不動産会社のみを厳選しておりますので、安心してご利用下さい。万が一、きちんとお断りしたのに、しつこく営業される等のご迷惑なことがございましたら、不動産価格.net事務局にご連絡頂ければ、状況確認し対処させていただきますのでご安心してご利用下さい。


ページ先頭へ