土地、マンション、住宅など不動産の売却相場価格の査定情報
失敗しない不動産売却

不動産売却の基礎知識

メディアで紹介されました



顧客本位の不動産取引に向けて

先日、共同通信社の記者から取材申し入れがあり、様々な新聞やwebメディアで紹介されました。内容的には、顧客本位の不動産取引が紹介される中で、当サイトが取り上げて頂きました。 これまで7年間近く、当サイトをコツコツと運営してきてよかったと改めて思いました。

 

2013.11.25 (新聞)SANKEI EXPRESS (全国版)
2013.11.26 (WEB) SakeiBizにて掲載中
  http://www.sankeibiz.jp/express/news/131125/exg1311251701002-n3.htm   その他、下記の地方紙(15紙)でも掲載されました。

2013.11.21 (新聞)熊本日日新聞(熊本県)
2013.11.21 (新聞)熊本日日新聞(熊本県)
2013.11.22 (新聞)伊勢新聞(三重県)
2013.11.23 (新聞)茨城新聞(茨城県)
2013.11.24 (新聞)千葉日報(千葉県)
2013.11.24 (新聞)上尾新聞(群馬県)
2013.11.24 (新聞)徳島新聞(徳島県)
2013.11.25 (新聞)長崎新聞(長崎県)
2013.11.25 (新聞)奈良新聞(奈良県)
2013.11.25 (新聞)山口日報(山口県)
2013.11.25 (新聞)大分合同新聞(大分県)
2013.11.25 (新聞/夕刊)高知新聞(高知県)
2013.11.30 (新聞)山形新聞(山形県)
2013.12.02 (新聞)福井新聞(福井県)


img366-m.jpg

顧客本位の不動産売却

一般個人の方が大切な不動産を納得して売却(取引)できる環境が整備されていくことはとても大切なことだと思います。 

インターネットによる情報収集が一般的になってきて消費者の情報リテラシーもかなり向上してきたと思います。不動産取引関しても多くの情報をネットで検索、閲覧できるようになってきました。 情報を検索し、比較検討して判断する(行動する)時代となってきました。

  

このような背景のもと、不動産業界の大半の企業もネットを介して多くの情報を提供しはじめています。これまでの不動産会社は、店舗への直接来店や電話を待って接客サービスをしていればよかったのですが、ここ2、3年で急速にネット経由でのインタラクティブな接客サービスの必要性も高まってきています。



複数査定、一括して比較

不動産を売却する場合も、賢い売主さんはネットでしっかり情報収集し、頼れる不動産会社を探すケースも年々増加傾向にあります。 当サイトを使い、複数の不動産会社に無料査定を一括で依頼し、順次届く査定情報を自宅で比較評価して、最適の条件を提示してくれた「頼りになる不動産会社」を客観的に選ぶことができるのです。



選ぶ側、選ばれる側

不動産会社は顧客に選ばれる企業努力が今後、一層必要になってくると思われます。 選ぶ側の消費者にも、どんどん提供されてくる不動産取引情報を客観的に判断するリテラシーが求められて来る事も重要なポイントだと思います。 例えば、一括査定を使えば、カンタンに査定が取れます。 しかし、その前にしっかりと注意すべき点もいくつかあります。 高い査定額や手数料ゼロなどの吊り文句に踊らされてホイホイと契約してなかなか売れず機を逃す事もあります。  個人情報の扱いがいい加減だったり、強引でしつこい営業をしてくる業者も少なくありません。

顧客目線での一括査定サイトを目指す

当サイトでは、安心してご利用頂ける不動産会社を、当サイトが責任をもってお勧め出来る企業のみ厳選して掲載しております。 現在、不動産流通業界トップ5を含め上位30位の大半を網羅し、それらの全国全店舗で無料査定を提供出来るのは当サイトが国内唯一です。 地元密着で顧客本位で営業されている不動産会社で、当社が顧客目線で審査し、それをクリアした中小の不動産会社も10数社掲載しています。



当サイトで査定を依頼したから、必ず契約しないといけないという義務はありません。 条件があわず、売却を見送ったり断念するというケースもあります。 万が一、しつこく営業されたり、マナー違反な営業行為があれば、当サイト事務局が責任をもって対処させて頂いています。 それ以外にも、営業マンがなかなか査定の連絡をして来ない場合でもお客様の替わりに該当の不動産会社に状況確認し、督促すること行っています。その他、不動産の契約価格の動向や、お役立ちコンテンツなど売主目線での情報コンテンツも無料公開しています。


 

今後の目標としては、一般個人の方向けの不動産リテラシーが高まる情報コンテンツを充実させ、中古不動産の流通活性化の一助となれるサイト運営を図って行きたいと思っています。




ページ先頭へ