「売却価格」タグアーカイブ

マンション売却価格動向 関西版 2017年4月版

調査/執筆: 不動産価格.net事務局    2017年3月31日

関西圏(大阪府、兵庫県、京都府)のマンション売却の成約価格(成約した物件の平米単価)と成約件数について2017年2月までの最新データを追加し、過去7年間の推移をまとめてみました。 ご参考になれば幸いです。  ※価格データ出典:東日本不動産流通機構

大阪府の中古マンションの売却動向マンション売却価格 大阪

成約単価と成約件数の年間平均の推移

大阪府の中古マンションの価格は、引き続き上昇傾向が続いている状態となっています。5年前の平成24年の2月が平米あたりの成約価格が24.0万円に対して、先月の成約価格は31.0万円と29%近く上昇しています。

兵庫県の中古マンションの売却動向

マンション価格

成約単価と成約件数の年間平均の推移

兵庫県の中古マンションの価格は、上下動を繰り返しながらも緩やかな上昇傾向となっています。5年前の平成24年の2月が平米あたりの成約価格が23.1万円に対して、先月の成約価格は27.1万円と17%弱の上昇となっています。

京都府の中古マンション売却動向

マンション売却価格 千葉 成約単価と成約件数の年間平均の推移

京都府の中古マンションの価格は、緩やかな上昇傾向となっています。5年前の平成24年の2月が平米あたりの成約価格が28.3万円に対して、先月の成約価格は31.1万円と約10%強の上昇となっています。

今後の売却価格の動向と売却のシナリオ

関西圏も首都圏同様に、中古マンションの成約価格は上昇基調を継続おり、中古マンション市場はバブルな状況になってきています。

関西圏でも、マイナス金利などの追い風の下、中古マンションをリノベーションして住むというスタイルも増えてきており中古マンション市場にとっては様々な追い風をうけていることで需要が増え流通価格の上昇につながっているように思います。この追い風は年内は続くと思われます。

マンションの売却シナリオを組み立てる

昨年、不動産市場のアナリストの多くは、中古マンション市場は昨年後半くらいから価格調整が進むと予想されていましたが、上昇基調は続いています。 2017年に入り米国の金利は上昇傾向に反転しましたが、日本の場合はしばらく低金利が続くと予想されています。

緩やかな上昇基調は続きますが、いつ、中古マンションバブルがはじけ価格調整局面に入るか気になるところです。

資産整理で売却する方は安全策を見るなら調整局面に入る前に売り抜きたいものです。

住み替え等を考えている場合は判断が難しいところですが、金利の動向に注意が必要ですね。住宅ローンの金利が上がり始める前に購入しておきたいものですね。 そういう意味でも、住み替え場合は検討は早めにスタートをして不動産会社など専門家のアドバイスを含めて情報収集をし、自分の判断基準をもつようにすることはとても肝要です。

住みたい地域がある程度絞り込まれている場合は、その地域の特性に精通した親身に相談できる不動産会社とのチャネルを作っておくのもことが重要です。

当サイトから、ご所有の物件を複数の不動産会社に同時に無料で不動産査定を依頼できます。不動産の査定を依頼したからといって必ずその不動産会社と売却の契約をしないといけないという義務はありません。 まず、いくつかの不動産会社(営業マン、査定内容、売却プラン)を比較しながら、信頼出来る不動産会社をみつけることがとても重要です。信頼できる営業マンとじっくりと相談してみて、次のステップに進むという機会つくりとして当サイトをご利用ください。

売却すること自体は単なる手段であり、目的ではありません。売却した後、どのような暮らし方を実現したいのか、その点をじっくり考えてみることが重要だと思います。

査定方法など詳細は公式サイトにてご確認下さい。 HOME >サイトに戻る