不動産売却と不動産査定

2016年の地価公示について

東京圏

住宅地では、東京23区都心部、23区南西部での上昇傾向は強いのですが、それ以外の地域、特に千葉県、埼玉県については横ばいで上昇値についても僅かです。

東京都の都心部の商業地は、金融緩和による資金で顕著に上昇傾向。

住宅地 商業地
平成27年 平成28年 平成27年 平成28年
東京都 1.4 1.7 2.9 4.2
 東京都区部 1.9 2.8 3.4 4.8
  区部都心部 3.7 4.6 4.8 6.6
  区部南西部 1.9 2.9 2.4 3.8
  区部北東部 1.0 1.7 1.5 2.2
 多摩地域 0.8 0.7 1.4 1.8
神奈川県 0.4 0.1 1.4 1.5
 横浜市 1.5 1.2 2.4 2.3
 川崎市 1.1 1.1 2.8 3.0
 相模原市 0.3 0.4 0.4 0.9
 その他 △ 0.8 △ 1.0 △ 0.3 △ 0.2
埼玉県 0.1 0.1 0.6 0.8
 さいたま市 0.9 1.1 2.0 2.3
 その他 0.0 △ 0.1 0.1 0.3
千葉県 0.1 0.2 0.8 1.1
 千葉市 0.2 0.2 0.0 0.5
 その他 0.1 0.2 1.0 1.3
茨城県 △ 1.1 △ 1.3 △ 1.6 △ 1.5
東京圏 0.5 0.6 2.0 2.7

大阪圏

住宅地では、大阪市の中心6区、兵庫県では東部4区、京都市の中心部で上昇傾向はあるものの、それ以外のエリアでは横ばい、または、若干の下落傾向が見られます。商業地については東京圏と同様に上昇傾向。特に、大阪市の中心部の商業地は強い上昇傾向となっています。

住宅地 商業地
平成27年 平成28年 平成27年 平成28年
大阪府 △ 0.1 0.0 2.0 4.2
 大阪市 0.3 0.5 3.5 7.8
  中心6区 2.2 3.0 4.8 10.9
 北大阪 0.4 0.3 1.5 2.2
 東大阪 △ 0.5 △ 0.4 △ 0.1 △ 0.1
 南大阪 △ 0.3 △ 0.2 0.1 0.5
  堺市 0.2 0.3 0.4 1.3
兵庫県 0.4 0.4 1.0 1.9
 神戸市 0.6 0.3 1.2 2.2
  東部4区 2.3 1.9 1.8 3.3
 阪神地域 0.3 0.5 0.9 1.5
京都府 0.0 0.1 1.8 4.1
 京都市 0.3 0.5 2.3 5.0
  中心5区 0.7 1.0 2.9 6.3
 その他 △ 0.5 △ 0.4 △ 0.2 0.3
奈良県 △ 0.3 △ 0.3 △ 0.3 0.0
 奈良市 0.9 0.9 1.4 2.0
大阪圏 0.0 0.1 1.5 3.3

名古屋圏

住宅地では、名古屋市と西三河地域で若干の上昇傾向ですが、それ以外のエリアでは横ばいまたは下落傾向となっています。

商業地では名古屋市では上昇傾向となっていますが、それが以外のエリアでは横ばいという感じです。

住宅地 商業地
平成27年 平成28年 平成27年 平成28年
愛知県 0.9 0.9 1.6 3.0
 名古屋市 1.7 1.6 2.9 5.5
 尾張地域 0.7 0.7 0.6 1.0
 西三河地域 1.3 1.3 0.6 0.8
 知多地域 △ 0.6 △ 0.6 △ 0.8 △ 0.8
三重県 △ 0.7 △ 0.7 0.0 0.0
 四日市市 △ 0.5 △ 0.5 0.1 0.2
名古屋圏 0.8 0.8 1.4 2.7

まとめ

あくまでも地価公示は鑑定評価に基づくもので実際の不動産(土地)の価格は、その条件や景況により異なってきます。土地の売却の検討される場合は、やはり、不動産の専門家に実際の物件を個別に査定してもらうことが最善だと思います。

不動産の売却を検討していてまず概算の売却価格を知りたい場合、当サイトより国内大手不動産会社から最大6社選んで不動産査定を(完全無料で)まとめて依頼できます。比較してもっともご自分にあったご売却プランをご検討いただければと思います。

HOME >サイトに戻る